Q&A

Q.1「加圧」って血を止めること?

いいえ、違います。
適正な圧で血液を制限しますが、血を止めるということではありません。

Q.2適正な圧ってどれくらい?

個人によって異なります。
加圧値については個人にあった適正圧があります。専門のトレーナーが個人にあった圧を設定するので、その圧を守ってトレーニングを行いましょう。

Q.3低負荷って実際どのくらいで効果が出るの?

500mlのペットボトルがあれば十分です。
鍛える程度、部位によっては道具を使わずに加圧ベルトをつけて生活するだけでも効果が得られます。

Q.4血流を制限するものは何でもいいの?

専用の加圧ベルト以外は使用しないでください。
血流を制限すればいいというものではありません。加圧ベルト以外のものだと筋肉が動いたときや太くなったときに過大な圧がかかることがあるので大変危険です。

Q.5血流を制限してトレーニングをして問題は無いの?

適正な圧なら問題ありません。
加圧トレーニングの効果は適正な圧で行うからこそ得られるものです。圧をかけすぎてしまうと大変危険なので、慣れたからといってむやみに圧を変えないで下さい。加圧ベルト購入時に専門のトレーナーが、適正圧、時間、トレーニングプログラムを教えてくれるので、それに従って行いましょう。
加圧をかけると、血液が通っていなかった血管にも血流が行き、加圧ベルトをはずした後も継続されます。

Q.6加圧ベルトはどこで購入すればいいの?

加圧トレーニング本部・支部で購入出来ます。
加圧ベルトを購入するためには専門のトレーナーのセミナーを受講する必要があります。まずは加圧筋力トレーニングの本部・または支部までご連絡下さい。(各支部の連絡先は、加圧筋力トレーニング本部・サトウスポーツプラザのホームページにて
http://www.kaatsu.com/web/index_jp.html
TEL042-336-1331

Q.7加圧トレーニングをしていたら二の腕に赤い斑点が出てきたけど・・・?

特に問題はありません。
抹消の血管の先端にまで血流が行き渡っているという証拠です。数日で消えますし、トレーニングを続ければ血管が鍛えられるので出なくなります。

Q.8加圧トレーニングって家でも出来るの?

正しく行えば自宅でも出来ます。
加圧ベルトさえあれば自宅でも加圧トレーニングを行うことが出来ますが、加圧ベルト購入時に受けるセミナーの内容をきちんと守ること、トレーナーの指示に従うことが重要です。加圧ベルト購入時の講習は予約制で時間の目安は1時間~1時間半ほどです。

Q.9あまり筋肉はつけたくないんだけど・・・

ボディビルダーのようになることはないので大丈夫です。
ボディビルダーのような体を作るにはそれなりの食事とトレーニングが必要になります。通常の食事、トレーニングではムキムキになるようなことはないので安心して下さい。

Q.10ケガをした際にもトレーニングを行えるの?

効果が得られます。
加圧トレーニングの場合、あまり体に負担をかけずにトレーニングを行うため、ケガをして、医師の治療後に行うトレーニングとしても効果的です。

Q.11加圧トレーニングと通常のトレーニングではどれほどの差があるの?

比べれば効果は歴然です。
加圧トレーニングと通常のトレーニングで筋肥大の様子を比べた場合、体に負担の大きいトレーニングを続けるよりも、加圧トレーニングを行う方が筋力は肥大します。

※Qをクリックすると解答をご覧いただけます。